契約期間2年に対し月額賃料の2ヶ月を支払うものである事、法定更新なら全く金員を支払う必要ヒツヨウ
   ないこと事等からすると、借主にとって大きな負担となる。
 
   中途解約権の対価との要素があり、合理性があると主張するが、いずれも合理的理由は
   認められず、趣旨が不明瞭である。
 
 皆様ミナサマこんにちは! 如何イカガごしですか?(^^) ・本件更新料を借主に負担させる場合は、その旨が具体的かつ明瞭に説明され、借主が
 8ガツハイ夏日ナツビツヅいております、水分スイブン、ビタミン補給ホキュウなどをしっかりとオコナ  その内容を認識した上で合意される事が必要。そうでない以上、民法1条2項に規定する
 体調タイチョウ管理カンリ万全バンゼンに、アツさにまけずにナツ快適カイテキにおごしクダさい。   基本原則(信義則)に反して借主の利益を一方的に害するものというべきである。
 
今回は『消費者ショウヒシャ契約ケイヤクホウにより更新コウシンリョウ特約トクヤク無効ムコウとした京都キョウト地裁チサイ判決ハンケツ(7/23)』の記事キジ抜粋バッスイ ・仲介業者の説明があり、賃貸借契約書に「更新料 賃料 2ヶ月分」の記載があったため、
 させてイタダきました。関西カンサイ判例ハンレイとなりますが、ご参考サンコウになればとオモいます。  借主は本件更新料特約の存在を認識していた。しかし、本件更新料特約が更新拒絶権放棄
 <概要ガイヨウ>  の対価、賃貸借強化の対価、賃料の補充、中途解約権の対価の要素を有することについて
 原告ゲンコク(シャクシュ)は賃料チンリョウ5マン8センエン保証金ホショウキン35マンエン解約カイヤクき30万円マンエン更新コウシンリョウ2ヶゲツブントウ条件ジョウケン  具体的かつ明確な説明を受けていたとは全件全焼によっても認められない。
 平成ヘイセイ18ネン4ガツに2ネンカン賃貸借チンタイシャク契約ケイヤク締結テイケツしました。20ネン5ガツ8ニチ解約カイヤクモウれをし、
 5月31日に物件をワタした。 ・よって、本件更新料は特約は、法10条に該当し、無効である。
 <更新コウシンリョウ特約トクヤクカンする裁判所サイバンジョ判断ハンダン>
 この訴訟ソショウシキ特約トクヤク更新料コウシンリョウ特約トクヤクについてアラソわれたものですが、以下イカ更新料コウシンリョウ特約トクヤクカンする
 裁判所サイバンジョ判断ハンダン要約ヨウヤクします。 <筆者コメント>
   消費者契約法の立法趣旨である「業者と消費者の間の情報力・交渉力の格差の是正」という観点
 1、本件ホンケン更新コウシンリョウ特約トクヤク消費者ショウヒシャ義務ギム加重カジュウしているか  から、消費者に対しては、不利な情報を早めに開示する、複数の選択肢を提示する等の対応
 ・シャクシュ賃料チンリョウ以外イガイ金員キンイン支払シハラコト賃貸チンタイシャク契約ケイヤク基本的キホンテキ内容ナイヨウフクまれない。  が必要なのではないかとわれています。
 ・本件ホンケン更新コウシンリョウ賃料チンリョウ補充ホジュウとしての性質セイシツユウしているかはジュツトオ疑問ギモンカリユウしてい
  ても、その支払シハラ時期ジキハヤテン民法ミンポウ614ジョウ参照サンショウ)でシャクシュ義務ギム加重カジュウしている。  そうしたテンからは、「証拠ショウコによればシャクシュは、当該トウガイ物件ブッケンエラサイ更新コウシンリョウ存在ソンザイおよびそのガク
  (民法614ジョウは、賃料チンリョウ当月トウゲツブン月末ゲツマツハラうとの規定キテイ。)  をりえなかった」との状況ジョウキョウトクになります。募集ボシュウ図面ズメントウ更新コウシンリョウ記載キサイかったという
   コトでしょうか。これは貸主カシヌシガワ相当ソウトウ不利フリであったとオモわれます。
 ・さらに、更新コウシンリョウ授受ジュジュするコト慣習カンシュウしているとミトめるに証拠ショウコはない。
 ・よって、本件ホンケン更新コウシンリョウ民法ミンポウその法律ホウリツオオヤケ秩序チツジョカンしない規定キテイ適用テキヨウによる場合バアイ 所見ショケン
  し、借主カリヌシ義務ギム加重カジュウしている。  このような判決ハンケツたのは全国ゼンコクハジめてではないでしょうか。関西での判例となりましたが、
   今後コンゴ東京トウキョウでもこのようなコトこるかもしれません。今すぐになにか変わると言う事はない
 2.本件ホンケン更新コウシンリョウ特約トクヤク消費者ショウヒシャ利益リエキ一方的イッポウテキガイするか  とは思いますが、長期チョウキ的には更新コウシンリョウのありカタも変化していく可能性もあるのではないかとカンじます。
 ・これは、消費者ショウヒシャ事業者ジギョウシャ情報力ジョウホウリョク交渉力コウショウリョク格差カクサカンガめるチカラ当事者トウジシャ属性ゾクセイ契約ケイヤク内容ナイヨウ  当社トウシャイタしましては、入居者ニュウキョシャ方々カタガタには募集ボシュウ契約ケイヤクにはしっかりと説明セツメイオコナ対応タイオウさえて
  そして契約ケイヤク条項ジョウコウ具体的グタイテキかつ明確メイカク説明セツメイされ、消費者ショウヒシャがその条項ジョウコウ理解リカイできるものであっ 練馬
 頂きたく思っております。
  たか等、種々の事情を総合考慮して判断ハンダンすべきものである。
  ※ 夏季カキ休暇キュウカのおらせです。8ガツ10ニチゲツ)〜8ガツ14ニチキン
 ・弁論ベンロンゼン趣旨シュシトウによれば、シャクシュ居住用キョジュウヨウ物件ブッケンりただけだが、貸主カシヌシ貸家カシヤギョウイトナみ、   までおヤスみとさせてイタダきますのでヨロしくおネガイタします。(^^)
  オオくのシャクシュ賃貸チンタイシャク契約ケイヤク締結テイケツしてきており、建物タテモノ賃貸チンタイシャクカンする情報ジョウホウセッしてきた期間キカン   8ガツ15ニチ)より通常ツウジョウ営業エイギョウとさせてイタダきますので、ご連絡レンラクちし
  も格差カクサがあると推認スイニンでき、両者リョウシャカン情報ジョウホウ収集シュウシュウリョク格差カクサがあるコト否定ヒテイできない。   ております。