A 「 通常ツウジョウ使用シヨウ 」とは
  「 通常ツウジョウ使用シヨウ 」の一般イッパンテキ定義テイギ困難コンナンであるため、具体的グタイテキ事例ジレイツギのように区分クブンして、
  賃貸チンタイニン賃借チンシャクニン負担フタンカンガカタ明確メイカクにしました。
 
  A 賃借チンシャクニン通常ツウジョウまいカタ使ツカカタをしていても、発生ハッセイするとカンガえられるもの
「 現状ゲンジョウ回復カイフクをめぐるトラブルとガイドライン 」の概要ガイヨウ B 賃借チンシャクニンまいカタ使ツカカタをしていても、発生ハッセイするとカンガえられるもの
国土コクド交通省コウツウショウ 住宅ジュウタクキョク 住宅ジュウタク総合ソウゴウ整備セイビキョク見解ケンカイ!! ※ アキらかに通常ツウジョウ使用シヨウトウによる結果ケッカとはえないもの
  A(+B)基本キホンテキにはAであるが、その手入テイトウ賃借チンシャクニン管理カンリワルく、損耗ソンモウトウ
○ ガイドラインの位置イチ 発生ハッセイまたは拡大カクダイしたとカンガえられるもの
民間ミンカン賃貸チンタイ住宅ジュウタクにおける賃貸借チンタイシャク契約ケイヤクは、いわゆる契約ケイヤク自由ジユウ原則ゲンソクにより、ガワりるガワ A(+G)基本キホンテキにはAであるが、建物タテモノ価値カチ増大ゾウダイさせる要素ヨウソフクまれているもの
双方ソウホウ合意ゴウイモトづいてオコなわれるものですが、退去タイキョにおいて貸した側と借りた側の
→ このうち、BオヨびA(+B)については賃借チンシャクニン原状ゲンジョウ回復カイフク義務ギムがあるとしました。
どちらの負担フタン現状ゲンジョウ回復カイフクオコなうコト妥当ダトウなのかについてトラブルが発生する事があり
ます。 B 経過ケイカ年数ネンスウ考慮コウリョ
こうした退去タイキョにおける現状ゲンジョウ回復カイフクをめぐるトラブルの未然ミゼン防止ボウシのため、賃貸チンタイ住宅ジュウタク標準 前記ゼンキBやA(+B)の場合バアイであっても、経年ケイネン変化ヘンカ通常ツウジョウ損耗ソンモウフクまれており賃借人はその
契約書ケイヤクショカンガカタ裁判サイバンレイオヨ取引トリヒキ実務ジツムトウ考慮コウリョのうえ、原状ゲンジョウ回復カイフク費用ヒヨウ負担フタンのあり ブン賃料チンリョウとして支払シハラっていますので、賃借チンシャクニン修繕費シュウゼンヒヨウスベてを負担フタンすることとなると、
カタについて、妥当ダトウカンガえられる一般イッパンテキ基準キジュンをガイドラインとして平成ヘイセイ10ネン3ガツに取り 契約ケイヤク当事者トウジシャカン費用ヒヨウ配分ハイブン合理性ゴウリセイくなどの問題モンダイがあるため、賃借人の負担について
まとめたものであり、平成ヘイセイ16ネン2ガツには、裁判サイバン事例ジレイ追加ツイカなどの改訂カイテイを行なっています。 は、建物タテモノ設備セツビ経過ケイカ年数ネンスウ考慮コウリョし、年数ネンスウオオいほど負担フタン割合ワリアイを減少させるのが適当です。
 
@ このガイドラインは、賃料チンリョウ市場シジョウ家賃ヤチン程度テイド民間ミンカン住宅ジュウタク想定ソウテイしてます。
A このガイドラインは、賃貸チンタイシャク契約ケイヤク締結テイケツにおいて参考サンコウにして頂くものです。 C 施工セコウ単位タンイ
B 現在ゲンザイスデ賃貸チンタイシャク契約ケイヤク締結テイケツされているカタは、一応イチオウ現在ゲンザイ契約書ケイヤクショ有効ユウコウなものと 原状ゲンジョウ回復カイフク毀損キソン部分ブブン復旧フッキュウですから、可能カノウカギ毀損キソン部分ブブン限定ゲンテイし、その補修ホシュウ工事コウジは出来
 カンガえられますので、契約ケイヤク内容ナイヨウ沿った取扱トリアツカいが原則ゲンソクですが、契約書ケイヤクショ条文ジョウブンがあいまい るだけ最低サイテイ限度ゲンド施工セコウ単価タンカ基本キホンとしていますが、毀損キソン部分ブブン補修ホシュウヨウする部分ブブンとにギャ
 な場合バアイや、契約ケイヤク締結テイケツナンらかの問題モンダイがある場合バアイは、このガイドラインを参考サンコウにしなが ップ(イロあわせ、模様モヨウあわせなどが必要ヒツヨウなとき)がある場合バアイ取扱トリアツカいについて、一定の判断
 らハナいをしてクダさい。 シメしています。
 
○ トラブルを未然ミゼン防止ボウシするために  ( 参考サンコウ )
原状ゲンジョウ回復カイフク問題モンダイは、賃貸チンタイシャク契約ケイヤクの「出口デグチ」すなわち退去タイキョ問題モンダイととらわれがちですが
 
これを「入口イリグチ」すなわち入居ニュウキョ問題モンダイトラえ、ニュウ退去タイキョにおける損傷ソンショウトウ有無ウムなど  
物件ブッケン状況ジョウキョウをよく確認カクニンしておくことや、契約ケイヤク締結テイケツにおいて、原状回復などの契約ケイヤク
条件ジョウケン当事者トウジシャ双方ソウホウ確認カクニンし、納得ナットクしたうえで契約ケイヤク締結テイケツするなどの対策をとる
ことが、トラブルを未然ミゼン防止ボウシするためには有効ユウコウであるとカンガえられます。
 
○ ガイドラインのポイント
@原状ゲンジョウ回復カイフクとは
原状ゲンジョウ回復カイフクを「賃借チンシャクニン住居ジュウキョ使用シヨウにより発生ハッセイした建物タテモノ価値カチ減少ゲンショウのうち、賃借チンシャクニン故意コイ過失カシツ
ゼンカン注意チュウイ義務ギム違反イハン、その通常ツウジョウ使用シヨウをこえるような損耗ソンモウ毀損キソン復旧フッキュウするコト」と定義し、
その費用ヒヨウ賃借チンシャクニン負担フタンとしました。そして、いわゆる経年ケイネン変化ヘンカ、通常使用による
損耗ソンモウトウ修繕シュウゼン費用ヒヨウは、賃料チンリョウフクまれるものとしました。  
→ 原状ゲンジョウ回復カイフクは、賃借チンシャクニンりた当時トウジ状態ジョウタイモドすことではないコト明確化メイカクカ  
  ※ 原状ゲンジョウ回復カイフクをめぐるトラブルとガイドラインの書籍ショセキをご要望ヨウボウ大家オオヤさんは下記カキまで!!   
  財団ザイダン法人ホウジン不動産フドウサン適正テキセイ取引トリヒキ推進スイシン機構キコウ調査チョウサ研究ケンキュウ)03-3435-8111 定価テイカ 900エン