ツチツウ省が賃料データベース作成へ  
  国土交通省は26日、賃料や維持修繕費等のデータを地価公示等の既存データに加え、  
  「不動産市場データベース」を構築するとの方針を示しました。  
  これまでデータの把握が遅れていた賃貸物件の賃料に関する調査を本格的に実施して賃料  
  相場をとりまとめ、現行の不動産売買価格情報や地価公示等とリンクさせ、不動産マーケッ  
 ナツ到来トウライです。 トデータとして整備・提供していく考え。  
 ただ台風タイフウ到来トウライしてしまい、ナツらしいお日様ヒサマはなかなかられませんが、それでも時折トキオリ ただし、「今年度中に取りかかるが、調査の実施やデータベースの完成がいつになるかは分  
真夏マナツオモわせる陽射ヒザしをカンじますね。 からない」とのことです。  
 ウミヤマなどレジャーのタノしみもオオ季節キセツですが、熱中ネッチュウショウ日射病ニッシャビョウなどの危険キケンもあります。 18年度住宅市場動向調査(賃貸住宅編)  
みなさまもおカラダには充分ジュウブンにおをつけておごしクダさいませ。 国土交通省は21日、平成18年度の住宅市場動向調査結果を発表。それによると平均家賃  
 
は、首都圏は約8万円、中京圏と近畿圏は約6万6千円。前年度の同調査と比べると、  
●ハウステーション・グループ旅行リョコウ 賃、敷金・礼金とも減少傾向にあることが分かった。(シングル・ファミリー含む)  
先日センジツ社員シャイン全員ゼンインをいくつかのグループにけて、 回答者・・・首都圏、中京圏、近畿圏で17年4月から18年3月末に  
一泊イッパク二日フツカのグループ旅行リョコウってきました!
      民間賃貸住宅に入居した757人(訪問調査)
 
いつもはチガ部署ブショにいる社員シャイン数名スウメイでグループをツクり、 <調査結果のうち特に目を引いた点>  
カクグループごとに行き先イキサキ目的モクテキめています。 1.入居した住宅の平均家賃  
ワタシハン新潟県ニイガタケン三条サンジョウってきました。 首都圏 ¥80,817(¥86,415)  
  中京圏 ¥65,806(¥67,320)  
〜 和釘つくり体験 〜 近畿圏 ¥66,231(¥66,087)  
三条サンジョウでは江戸エド時代ジダイ、河川の氾濫に苦しむ農民を救済するため、江戸から釘鍛冶職人を招き、  ※上のカッコ内は、平成17年度の同調査の結果。家賃は下落傾向であり、  
農家の副業として和釘の製造法が指導・奨励されました。それ以降イコウカタナ包丁ホウチョウカマなどのキタエ   特に首都圏の下げ幅が大きいことがわかります。  
冶産ギョウサカんになったそうです。
2.敷金・保証金の額(家賃換算月数)  
そのため、イマでは三条サンジョウ鍛冶カジ体験タイケンができるように  ※こちらも前年と比べ、敷金・保証金の額(家賃換算月数)も首都圏と中京圏では減少傾  
なっています!   向がみられました。(近畿圏キンキケンのみ増加ゾウカ傾向ケイコウ  
ワタシたちが体験タイケンしたのはクギつくり。 首都シュトケン 「2ヶゲツブン前年ゼンネン68.8%→53%に減少ゲンショウ  
鍛冶カジ職人ショクニンさんの指導シドウのもと、10センチくらいのチイさな
    「1か月分ゲツブン前年ゼンネン21.4%→34.9%に増加。
 
テツボウをゴウゴウとネッしたれて、テツアカ 中京圏 「3か月ブン前年ゼンネン54.8%→42.8%に減ショウ  
なったところをカナヅチでガツンガツンとタタきます。     「2か月ブン前年ゼンネン20.7%→34.2%に増加。  
写真シャシンミギ)でオヤカタキのようにテツちつけているのは 近畿圏 「3か月ブン前年ゼンネン38.8%→27.3%に減ショウ  
ホームス大泉店の鶴田です。ちなみに彼女カノジョ職人ショクニンさんから「スジがい」とほめられていま     「3か月超」前年ゼンネン39.3%→44.9%に増加。  
した。写真シャシンヒダリ)はワタシツクったクギです。どうです?なかなかのものではないですか!? 3.礼金レイキンの額(家賃換算月数)  
  首都圏  「2か月ブン前年ゼンネン41.7%→29.6%に減ショウ  
〜 そば体験タイケン 〜      「1か月ブン前年ゼンネン53.3%→63.9%に増加。  
二日目フツカメは、山中サンチュウでのそば体験タイケン。(ナンでも経験ケイケンですよね)
中京圏  「3か月ブン前年ゼンネン18.0%→6%に減ショウ  
そばをこねマワすところからハジまり、写真シャシンのようにボウばします。      「1か月ブン前年ゼンネン63.1%→66.4%に増加。  
そばちといえば、やっぱりコレですね。そうやって、うす〜く 近畿圏  「3か月超」前年ゼンネン24.7%→23.9%に減少ゲンショウ  
ばしたそば包丁ホウチョウでほそ〜くっていきます。      「2か月分」前年14.3%→17.4%に増加。  
ヒトによっては「それ、きしめん?」といたくなるほどフトモノ  ※前年と比べ、礼金の額(家賃換算月数)も全体として減少傾向がみられました。  
もいましたが…。そしてお楽しみの、試食タイム。自ら打ったそばを  
そのべる。なんだかものすごい贅沢をしたような気分でした。 新築シンチク物件ブッケン増加ゾウカトウにより、賃料チンリョウ敷金シキキン礼金レイキン下落ゲラク傾向ケイコウ上記ジョウキのようにこれからもツヅいて  
  いくものとオモわれます。もちろんヤスくすればいとはカギりませんが、地域チイキ相場ソウバ状況ジョウキョウ  
旅行リョコウでリフレッシュしたぶん、アツさにけないように頑張ガンバります! らしわせての適正テキセイ賃料チンリョウ設定セッテイがよりいっそう必要ヒツヨウになってくるのではないでしょうか?