消費者ショウヒシャ契約ケイヤクホウとは?…
  消費者ショウヒシャ契約法ケイヤクホウとは、消費者ショウヒシャが情報の質や量、交渉力などで、事業者とは大きく差があるタメ
  内容ナイヨウ理解リカイしないまま不利な契約をしてしまうことが多いという状況を踏まえ、一定イッテイ場合バアイ
  消費者ショウヒシャ契約の取消権を与え、契約を無効とすることができる法律ホウリツです。
 
  賃貸借チンタイシャク契約ケイヤクにおいては以下イカ場合バアイにおいて適用テキヨウされることがあります。
  ・重要事項につき事実と異なることを告げられた場合
  週刊全国賃貸住宅新聞 8/7号に掲載ケイサイされておりました敷金シキキンカンする記事キジをご紹介ショウカイイタします。 ・契約の目的となるものにつき、将来の不確実な事項につき断定的判断を提供された場合。
 
裁判サイバン判例ハンレイ多少タショウ難解ナンカイかもしれませんが、是非ゼヒ一読イチドクしてみてクダさい。
・重要事項につき入居ニュウキョ者に利益となる旨を告げ、かつ、不利益となる事実を故意に告げな
   かったことにより、入居ニュウキョ者に誤認が生じた場合。
  特約トクヤクハツ無効ムコウ判決ハンケツ!!≫ ・貸主が入居者へ一方的に契約締結するよう迫り、入居者が同意しないまま契約した場合。
  関東圏カントウケンでは敷金シキキン礼金レイキンサキアズかって契約ケイヤクしておりますが、近畿キンキ方面ホウメンではきという制度セイド
  あります。入居時に「敷金」として一定の金額を支払い、そこから契約に定められた金額 また、契約書ケイヤクショナイに一方的に不当・不利益な契約条項があれば、消費者契約法で契約条項が
  を差し引く「き」を無効ムコウとする判決ハンケツが、大阪オオサカ高裁コウサイクダされました。
無効になる場合バアイがあります。
  1.事業者の損害賠償責任を免除したり制限する条項 
  今回コンカイ判決ハンケツクダされたケンは、賃料チンリョウ8マン3000エンタイして、駐車場チュウシャジョウ保証金ホショウキンフク敷金シキキン62マン6400エン  例:「いかなる理由があっても一切賠償しない」など
  キン50マン条件ジョウケン契約ケイヤクしました。ヤク3ネン入居ニュウキョ期間キカン退去タイキョサイ敷金シキキン返還ヘンカンされなか 2.不当フトウ高額コウガク解約カイヤク損料ソンリョウ
  ったコト不服フフクとして簡易カンイ裁判サイバンショ提訴テイソし、一審イッシンではシャクヌシ全面ゼンメン勝訴ショウソとなりました。   例:家賃支払いが遅れた場合は、1週間あたり1割の遅延料も請求するなどという条項。
  ツヅ二審ニシン大阪オオサカ地裁チサイでも特約トクヤク無効ムコウとされ、修繕費用を差し引いたガク返還ヘンカンするよう     年14.6%を超える遅延チエン損害金ソンガイキン利息リソクなど)
  貸主カシヌシメイじました。7ガツ26ニチクダされた大阪オオサカ高裁コウサイ判決ハンケツでも、一審イッシン二審ニシン判決ハンケツ支持シジし、
  貸主カシヌシガワ上告ジョウコク棄却キキャクしました。  入居ニュウキョシャとのアイダきるさまざまなトラブルは、貸主カシヌシにとっては厄介ヤッカイメンがあることは否定ヒテイ
  できません。しかし、入キョモノからのクレームの初期対応を適切テキセツオコナうことで、問題モンダイオオきく
  今回コンカイ判決ハンケツカンして、敷金シキキン問題モンダイ研究会ケンキュウカイ共同キョウドウ代表ダイヒョウ増田マスダナオ弁護士ベンゴシはこうハナしています。 なることを未然に防止でき、また、同種ドウシュ問題モンダイ防止ボウシするオオきなヒントにもなりえます。
  『敷引制度が無効との判決が上告審で下されたのは今回が初めて。非常ヒジョウに今回の判決が
  意味は大きい。二審の大阪地裁は消費者契約法を根拠にしているが、何の法的ホウテキ根拠コンキョくこ  消費者ショウヒシャ保護ホゴ世情セジョウウツりつつあるイマナニかと不安フアンカンじることもオオいかとオモいますが、
  れだけの金額をる敷引制度は成立セイリツしなくなってきているのではないか。』 弊社ヘイシャでも市場シジョウ動向ドウコウなどをまえた情報ジョウホウをいちハヤくキャッチして、オーナーさまにもご報告ホウコク
  してまいります。ご不明フメイテンなどはお気軽に弊社へご連絡をして頂ければと思います。
  今回コンカイガク敷金シキキンの83%、賃料チンリョウの6か月分ゲツブン以上イジョウ該当ガイトウし、通常ツウジョウで行われている敷引き
  らしわせてもタカめの設定セッテイだったようです。
  今回コンカイ判決ハンケツ大坂オオサカ管理カンリ会社ガイシャ意見イケンは… 編集ヘンシュウ後記コウキ
  『常識的に考えて、83%の敷引きは多すぎる。近年の消費者保護の流れの中では、敷引特約その ガツハイアキ気配ケハイタダヨってきました。今年コトシナツ巡回中ジュンカイチュウでも甲子園コウシエン話題ワダイちきりで、
  ものではなく、この件については時代の流れとして妥当ではないか』 オーナーサマより試合シアイ結果ケッカ速報ソクホウきながら応援オウエンをしておりました。
  決勝ケッショウ両者リョウシャユズらず延長エンチョウ15カイ再試合サイシアイ。37ネンぶりの決勝ケッショウ再試合サイシアイ白熱ハクネツした試合シアイヒロげ、
  昨年7月、神戸地裁にて敷引特約無効ムコウ判決ハンケツが出てからは、近畿圏でも敷金礼金制度を 地元早稲田実業が見事ミゴト優勝ユウショウし、多くの人に感動を与えてくれました。
  取り入れる管理会社が増えているそうです。 高校球児の気持ちのこもった真剣なプレーや1球1球を大切タイセツにする姿勢シセイ、そういった全力ゼンリョク
                ナニかに姿スガタアラタめてナニカンじる部分ブブンがありました。
  判例ハンレイ根拠コンキョとなった『消費者ショウヒシャ契約法ケイヤクホウ』をミギページでクワしくご説明セツメイイタします。 これからアキのシーズンがハジまります。お客様キャクサマ・オーナーサマ満足マンゾクいただけるようなサービス
  をしてまいりたいとオモいます。