店主テンシュこだわりの…≫
先日センジツ練馬ネリマエキ周辺シュウヘン巡回中ジュンカイチュウに、以前イゼンからになっていた老舗シニセのうどんさん
に入店してみました。「今日キョウこそは !」とのれんをくぐると、店内テンナイ
シンプルにまとまり、いた雰囲気フンイキカモしていました。
 セキき、厨房チュウボウナカをのぞいてみると、な、なんとそこには! !
テレビのナカでしかたことのない『イシガマ』が…! ! 
普段フダンならテンシュさんにコエをかけたりはしないのですが、オモわずり、ハナシ
コト成功セイコウしました。
常連さん達の合言葉?
「釜揚げしょうが」
 うどんさんをハジめて40ネン手打テウちを信条シンジョウイトナまれてきたそうです。
イシガマもその1つです。おハナシをしながらうどんをいただいていると、今度コンドミセ
を建替えるとのコトで、イシガマでうどんをツクコトがもう出来ないというおハナシが!
アタラしいおミセにはイシガマ移設イセツすることができないそうです。マキでゆでるうどん
ふっくらとした麺が
とても美味!
はとてもアタタかみのあるアジがしました。今後コンゴこのアジクチにすることが出来デキない
オモうと、スコサミしい気持キモちになって、近代化キンダイカし、便利ベンリになるコトばかりが
ことではないようながした1日イチニチでした。
※ うどんは平安ヘイアン時代ジダイ弘法コウボウ大師ダイシ中国チュウゴクからツタえたとされ、貴族キゾク僧侶ソウリョなどの上流ジョウリュウ階級カイキュウコノまれ、
   江戸エド時代ジダイに、テンぷらや玉子タマゴとじなどが登場トウジョウし、ほとんどの種類がこの時期ジキ出揃デソロったとされています。
≪やはりになる セキュリティー関連カンレン
ムカシカギマドけっハナしで外出ガイシュツしていたよ」 とおじいさんやおばあさんからよくハナシ
聞きましたが、近年の増加ゾウカしている犯罪ハンザイによる影響エイキョウや、ムカシのような「ご近所キンジョい」もってきたせいか、
様々な背景により、防犯ボウハンカメラ、オートロック、テレビモニターツキインターフォン、ホームセキュリティー
サービス…と、防犯設備もだいぶ進化シンカしてまいりました。
自分自身の身の安全は、個人的に守ることしか出来ないのかもしれません。
アパート・マンションの入居者ニュウキョシャにとっても、快適カイテキ生活セイカツしていくためには、大家オオヤさんの協力キョウリョク必要ヒツヨウ
時代となってきているかもしれません。
貸す側・借りる側、双方が協力し合い、注意をして生活することが重要です。
安全アンゼン第一ダイイチ安心アンシンダイイチ信用シンヨウダイイチです。防犯ボウハン対策タイサク万全バンゼンに… !
編集ヘンシュウ後記コウキ
ガツといえば節分セツブンですね。近年キンネンでは『マメまき』以外イガイにも、『恵方エホウ』という言葉コトバをみかけるようになりました。
恵方エホウ本来ホンライ、正月の神の来臨する方向で、ホカの悪い神様の影響を受けない方向とされ、明の方(あけのかた)
あるいは恵方と呼ばれるようになりました。このおめでたい神様は『歳徳神』とも呼ばれています。
恵方エホウは、その年の「恵方エホウ」に向かって太巻きをまるかぶりするのが習わしです。また、食べている間は無言でなけ
ればならず、七福神にちなみ、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶなど七種類の具を入れて、
福を食べる、福を巻き込むという意味があるようです。まるかぶりする理由リユウについては、包丁で切ることで、中に
巻き込んだ福がこぼれないようにする。また、具の赤い色や青い色を鬼と見立て、これを平らげる(ワザワいをなくす)
というお話もあるようです。この起源は、オオ阪の商人街として知られる舟場周辺シュウヘンで、明治の初めに始まった行事
が有力セツですが、節分の日が「のり巻きの日」でもあるため、海苔業者が消費拡大を狙ってハジめたのでは、という
説もあります…。 とはいえ、こうして全国的ゼンコクテキにもツタえられていることは、とてもヨロコばしいことではないでしょうか。