今年コトシハイり、特集トクシュウんだりと、何度ナンドかご説明セツメイさせてイタダいている敷金シキキン精算セイサン。でも、なかなかかりにくいと
いう声をおきしました。そこで今月コンゲツゴウは、いよいよ施行セコウ間近マヂカとなった「東京トウキョウルール」の特集トクシュウゴウです。
〈…東京トウキョウルールとは…〉
正式セイシキには「東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例」といい、本年ホンネン10ガツ1
施行予定です。これは賃貸チンタイシャクカンする相談ソウダン件数ケンスウ増加ゾウカ一途イットをたどっており、そのナカでも退去タイキョトキ
の敷金精算に対する相談件数が増しているため、トラブルを未然に防止し、安心して貸し
できる民間賃貸住宅市場の確立に向けて「東京ルール」として推進していくことになりました。
条例の内容は大きく分けると以下の2つがハシラとなっております。
 @入居期間キカン中の修繕や退去時の損耗等の復旧費用は基本的キホンテキに賃貸人負担とする 。
 A礼金・更新料のない契約の普及を促進する。(現在ゲンザイのところ協議キョウギチュウ
今回コンカイは@の部分ブブンが10月1日より施行予定ヨテイとなっています。この条例の対象は都内の物件とされ、
上記の内容と「借主が負担すべき修繕内容の詳細」を、契約時に貸主側(宅建業者)が書面を交付
して説明することを義務付けています。これは事実ジジツジョウ借主カリヌシ費用ヒヨウ負担フタン故意コイ過失カシツによる復旧フッキュウ
ヨウのみである、ということを契約書ケイヤクショ明記メイキして説明セツメイすることをモトめていると解釈カイシャクできます。
また、貸主カシヌシ契約ケイヤク宅建タッケン業者ギョウシャ委託イタクをしていることがオオいため、間接的カンセツテキには貸主カシヌシにも説明セツメイ義務が
あることになるでしょう。これらに違反した宅建タッケン業者は指導・勧告が行われ、従わない場合には
シャ名を公表されます。なお、東京トウキョウでは国土コクド交通省コウツウショウ作成サクセイしたガイドラインをふまえ、退去時に
おける損耗ソンモウトウ復旧フッキュウカンし、借主カリヌシにもかりやすいように、負担割合の目安を示した東京トウキョウ都版の
実用的なガイドラインを作成サクセイしていくようです。また、Aについては関係団体と協議して普及を
進めていく、ということで詳細はまだ発表されていません。
国土コクド交通省コウツウショウ作成サクセイ原状ゲンジョウ回復カイフクのガイドラインは、現在ゲンザイ敷金シキキン返還ヘンカン訴訟ソショウドコロとなっております。
東京ルールは非常ヒジョウ注目チュウモクされているタメ今後コンゴ全国ゼンコクテキ標準ヒョウジュンとなるとオモわれます。貸主カシヌシにとって
キビしい問題モンダイオモいますが、市場シジョウ昨今サッコン、お客様キャクサマのニーズにコタえて諸問題ショモンダイ対応タイオウしなければ
ならないというのも現状ゲンジョウです。ご不安フアンテンオオいとオモいますが、ナンなりとご質問シツモンしてクダさい。
編集ヘンシュウ後記コウキ
8月に入り本格的に暑い日が続いております。そこで、毎年恒例と
なっている大泉の納涼盆踊り大会に参加してまいりました。
前日から会場カイジョウの設営をして、当日はラムネ売り。縁日らしく浴衣姿
の子供たちや父兄のみなさまで大盛況となりました。
でも残念なことに、この盆踊りは今年で一旦休止に。というのも、
会場のお寺にある本堂で改修カイシュウ工事が予定されているためです。次回
の開催予定は3年後ということで、それまではちょっとサミしい夏に
なるかもしれません。
まだまだ暑い日がツヅいております。おかけするサイにはおカラダ十分ジュウブン
をつけてクダさい。                      やぐらのカザりつけチュウ