≪…感服カンプクしました…≫
先日センジツ大泉オオイズミのとある大家オオヤさんタクタズねたオリ、とてもキレイな錦鯉ニシキゴイオヨいでいたのでパチリと撮影サツエイ
このイケコイは、体長タイチョウ20cmクライから、60〜70cmホドまでに成長セイチョウしたものまでオヨいでいるそうです。
でも、それより感動カンドウしたがこのイケ。なんと大家オオヤさんミズカ製作セイサクしたもので、半年ハントシもの期間キカンをかけ丹念
イシげてツクげたものでした。ちなみに大家オオヤさんの1バンのおりは『大正タイショウ三色サンショク』。
背中セナカスミイロがとても綺麗キレイているのだそうです。アタマアカい●は、『丹頂タンチョウ』とばれています。
石の並びが美しいですね。
お気に入りの大正三色。 丹頂が池に戻る瞬間!
悠々と沢山の鯉が泳いでいます。
≪…渓流ケイリュウってきました…≫
               岩を登り、川の中を歩き、急斜面を這いつくばり、まるで漫画の
               『釣りキチ三平』の世界のような場所バショで、天然の岩魚を目にする
               ことが出来ました。それは水族館や釣堀でるものとは別物で、
               写真を撮ろうと地面に置いた途端、ワニの様に陸上を這って行く
               姿をトキの【自然シゼン生物セイブツの生命力】には本当に驚かされました。
               岩魚イワナは関東・中部・関西地方の清冷な渓流に棲息していますが、
               今回は渓流と言うより源流というような所でした。残念ザンネンなのは、
               近くでダム工事を行っているため川の水量も減り、山の生態系に
               影響が出ているそうです。また、心無い人が持ち込んだゴミが
               あったりと、自然と人間の共存を考えさせられる日となりました。
                   
編集ヘンシュウ後記コウキ
ガツハイり、ミドリがまぶしい季節キセツになりました。さて、5ガツといえば「端午タンゴ節句セック」。その端午は、
「5ガツ最初サイショウマ」という意味イミで、古代コダイ中国チュウゴクではラン薬湯ヤクトウや、菖蒲ショウブケガれをハラい、厄除ヤクヨけをして
いました。日本ニホンでも鎌倉カマクラ時代ジダイ武家ブケ社会シャカイで「菖蒲ショウブ」を「尚武ショウブをたっとぶ」とかけてイワうように
なり、武家に男の子が誕生すると、馬印やのぼりを立てて知らせ祝うようになっていきました。
ですが、庶民がのぼりをたてるコトキンじられていたためかわりにコイのぼりをあげるように。中国チュウゴク
故事で「ある霊山レイザンリュウモンというタキを、1ピキコイハゲリュウサカらいながら懸命ケンメイタキを登りきったとき、
コイリュウ変身ヘンシンし、悠々ユウユウテンノボっていった」ということが由来ユライとされています。また、中国チュウゴクリュウ
皇帝の象徴なので縁起の良いものなのでしょう。人生ジンセイ困難コンナン遭遇ソウグウしてもたくましく立ち向かい、
やがて成功するコトネガってコイのぼりが誕生タンジョウしたと
いわれています。童謡ドウヨウで「屋根より高い鯉のぼり」
と歌われるように、草木が萌える季節、清々しく
晴れた空の下で鯉のぼりが泳ぐ姿は圧巻です。
子供の成長と健康を願うのは今も昔も変わらない
圧巻!群馬県神流町の鯉のぼり祭。
渓流へ行く際に偶然見かけました。
のですが、このアタりでそういう風景に巡り合うコト
がなくなってきているのは寂しいものです。